【北京時事】16日付の中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報(英語版)などによると、 河北省冀州市二鋪村の冀宝齋博物館に展示されている文物の多くが偽物だとする指摘があり、 市当局はこの博物館を閉館した。この偽物疑惑の背景に注目が集まっており、関係部門が 詳しい調査を行っている。 

 博物館は2010年に開館。村の党トップを長年務める王宗泉支部書記の肝煎りで造られ、 建設費用だけで5400万元(約8億7000万円)がつぎ込まれた。王氏自身が館長も兼任し、 計4万点を展示しているという。 

 ところが北京在住の作家がこのほどブログに展示品の写真を掲載し、説明や年代などに明らかに 不審な点があると疑問を呈したことから、ネットで騒ぎが拡大。当局が調べたところ、そもそ も「博物館」としての設立申請をしていないなどの不備が明らかとなった。 

 同紙によると、村人の多くは博物館建設に反対していたが、王氏が強引に進めたとされる。 同村では土地売却に絡み巨額の金が動いており、王氏が資金洗浄のために博物館を利用 したのではないかと主張する村人もいる。 

 専門家によれば、偽物を展示した博物館は中国各地にあり、利益を目的にしているという。 



jiji.com: 2013/07/16-19:07 
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013071600772

Jibaozhai-museum-sign-post-468x280[1] 






歴史的に残る品々が日々を作ってきた。

-ヒストリーチャンネル中国より-





彼らの過ごした時間を表すものとしては、本物だな。





「これは日本製だ」って言うのに、賭けるぜ。





私はその発言は疑うよ。

「メイドインジャパン」は今や高価な物打からな。





「世界のすべてのものは、結局古代中国の発明からコピーされた!」
中国共産主義の最高級のプロパカンダ。





オゥ、私は5000年前に中国がインターネットを発明したことを忘れていたよ。





少なくとも、古代美術の花火は、依然として国家を代表する伝統である。





それが花火じゃないとしたら、カウントできないんだけど・・・。





もし爆発なら、それをカウントしてくれ。





ワロタwwwwそれが花火だって話かよ。
中国では火薬は、儀式のために発明され、西洋では火器を発明するために火薬を使用した。





中国は非常に多くの偽者を作るので、フェイクの博物館を持っていることは、フェアなことだ。





偽者の博物館。
それで何百万のチケットを販売したのだろう。





共産主義はすべての国を台無しにしたように、中国も台無しにした。





これらの品物は、明らかに偽物であるか、彼らの祖先が良くないアーティストだったのだろう。





中国が、偽装をしていた!?これはとんでもない中傷になるのでしょうか?





彼らの歴史がフェイクだと思うよ。






オゥみてくれよ、中国が中国であることに!





 
中国で本物の博物館があったら、それは素晴らしいものを見つけたことになるだろう。
  
  
 
ecdb541c[1]

記事元の情報によると、中国には、この偽者の博物館というのがたくさんあるということですが、日本だとなかな理解できない感覚ですね。

美術品を集める側は、偽者の展示品で人を騙すより、まず自分が偽者をつかませれたくないという感情が働くと思います。これは世界中に共通している事だと言え、博物館側は騙すより騙される側であり、 騙すのは美術商など品物を売り込む方だと思うのです。

 歴史の貴重品がその国の歴史を表すとコメントでもあり、中国の歴史が大雑把な部分もあることは想像に難くないですが、本物を保持するという感覚の文化が、美術品にまで欠落しているというのは、歴史を疑うと言うよりも、国の形態を疑うばかりです。