(「けいおん!」×「earth music&ecology Japan Label」コラボ


劇中で結成されるバンド「放課後ティータイム」のメンバー5名をイメージし、お菓子やティーポット、楽器モチーフを中心に、ガーリーからマニッシュまで、幅広いスタイリングをお楽しみいただけるデザイン展開となっております。

ECサイト先行発売開始日:2013年10月19日(土)AM0:00から earth
music&ecology ECサイトにて
ECサイト・10/18オープン予定(http://crosscollection.com/20131018emaekeion
店舗発売日:2013年10月26日(土) 全国のearth music&ecology店舗

アイテム :全22型
http://emae-jp.tumblr.com/)
earth-k-on-fashion-1-468x330earth-k-on-fashion-2-468x702earth-k-on-fashion-3-468x702earth-k-on-fashion-4-468x702[1]earth-k-on-fashion-5-468x702earth-k-on-fashion-6-468x702


ちょっとひどく見えるね。





服は非道いかもしれないが、女の子はそうでもないでぜ。





私は女の子だけど、これはちょっと・・・・コーディネートが良くないかな。





君達は、全ての服を着ないつもりかよ。





その時は、裸なんだろう。





誰も、日本のファッションの偉大さを理解してないのかよ。
私は、北米のジーンズやレギンスは、くっそ飽きてんだけど。






これはファッショナブルではないよ。これはパリでのカジュアルスタイルだ・・・。彼らのオリジナルファッションではない。





私はスポーティングな似たようなファッションをした韓国のコリアンガールを大学で見てきたが、メチャクチャ可愛かったぞ。





だぶだぶの、醜いヒッピーの服のように見えるな。

3次元モデルのうち、最初のものがよさそうだけど、残りはきついぞ。
ブーツとスカートの組み合わせは、さらに悪い。





東洋のファッションは、西洋のものとは、非常に異なってみる。
あなたがアメリカで来ている服でさえ、ブラジルで人々が着ているものと、非常に異なっている。彼らは同じ大陸にいるのに。





私は、とてもかわいい服をきた、日本の女の子を見て来たんだが。

これは、全然ないわ。






少なくとも、麦と律はありだな。





私は律の服を着たいな(・∀・)
 




私は間違いなく、ミオの服を着ると思います。シンプルでカワイイです。
ほかは実生活で切ると、かなりおぞましいものとなっている。
唯のファッションは大丈夫だが、ムギのは、馬鹿らしいよ。
彼女の方の周りの毛布はなしでいいでしょう。 





私はムギの服を着ると思います。





なぜ、日本はこんなにもスタイリッシュなの?
私はそこに引っ越す必要があるね。





正直に言うと、このファッションスタイルは、日本国内向けとしては悪く無いです。
これはカワイイです。私を悩ますことは、材料の品質です。
普通の綿の品質を、プレミアム価格で販売してる。
あなたは同じ品質の服を、ユニクロで手に入れることができます。





けいおん!は続いている!
これは意識の集合体を表したものである。
我々は、この作品を忘れてほしくない。
彼らが忘れてしまった場合、私達は第3シーズンを見ることができないからだ。





これがけいおん!の第3シーズンの資金供給に必要なものであれば!
我々はこのファッションを我慢する必要が有る。

すみません、私には別の2次創作を書いてます。





唯のは、NG。





これらの服は、ただのブランドのマーケティングのための企画で、当たり障りの無いものをまとめています。
このファッションで唯一かわいいものは、ズボンではないことかな。





私は麦とあずにゃんの服が好き。
  
 
ecdb541c[1]

けいおん!とのファッションコラボの服ということです。
アニメの服は、作画のためにできるだけ地味な服がデザインされるというのはよく見ることなのですが、そのデザインをコラボすると事で、新鮮な地味な可愛さを表現するというものですね。

海外では、ダサいという声が多かったですね。一昔の古いファッションのイメージや、民芸衣装なんかに見えると、もう全然話しにならないというのが、海外の感覚にあるのでしょう。

日本国内で考えれば、大丈夫だと思います。全然着れるというコメントが有りましたが、東京とかだとゴスロリファッションなど着ている人がいても普通なので、こういう地味なファッションも落ち着きという魅力があって、受け入れられていると思います。
ただ唯一、きついのは3番目のファッションだと思いました。