vipdewiz[1]

15~34歳の若者を対象に2012年の雇用状況を調べたところ、「ニート」がこの年代の人口に占める割合は緩やかに上昇しており、前年度より0.1ポイント増の2.3%だった。年齢別にみると、15~19歳が9万人、20~24歳が17万人、25~29歳が18万人、30~34歳が18万人。年齢が進むにつれ、多くなっている。
若者の失業率は全体の雇用環境の改善を反映して減少傾向にあるものの、雇用者に占める非正規雇用者の割合は25~34歳で26.1%と、2011年に続き過去最多だったと時事通信が報じている。
同白書によると、ニートの若者のうち、就業を希望しているにも関わらず、求職活動をしていない理由は、「その他」を除くと15~19歳では「学校以外で進学や資格取得などの勉強をしている」と「病気・けがのため」が多く、20~24歳と25~29歳ではそれらに加え「知識・能力に自信がない」が多い。
http://www.huffingtonpost.jp/2013/06/18/neet_survey_n_3458889.html



少なくとも、日本のニートは、精神的に安定しており、誰にも気にしない。
アメリカ中心部の都市では、若者の失業者は誰かを殺すギャングになったり、強盗になる傾向があります。






あなたは、ゲットーでの生活で何をしてるの?





ゲットーに住んで、何か問題があるの?便利なレクリエーションに、薬局、フリーランスの護衛サービスが配置されている。
不動産は安いし、たっぷりある。ゲットーに住まない利点がどこにある?





トヨタのヤリス(ヴィッツ)も安いという、同じ理由がゲットーにはある。
君には余裕がある生活を送れるだろう。





むしろ日本だけでよく起きていることではなく、これは世界的現象じゃないかな。
私は健康関連の仕事を約5年間勤めて、やめてきたよ。
アメリカではより多くの仕事が提供されていないことに気づきました。
彼らは第三世界の国に、仕事を外注しており、アメリカでの低賃金の仕事はこの国に入った不法な人間によって取り上げられています。

私は最近、火星についてのいいニュースを聞いた。
もしかしたらそこの企業が雇ってくれるのだろうか?






ヨーロッパのことについて多くを語っている記事だな。





ゆっくり徐々に進行してるが、しかしある日・・・・
彼らは増え続け、経済は衰退していくだろう。
私はその音を知っているが、君は知らないようだね・・・





世界経済は、すでに完全崩壊向かってすでに下り坂にある。






だれもこのトロール(ネット用語で荒らし トローリング:釣り トロール:怪物)達を養う必要はない。





ここでは・・・ここでは・・・・





ニートは失業者のための、豪華な言葉です。





ニートは、素晴らしい!

しかし真剣に考えると、物事は耐えれなくなると、崩壊する。
これは世界の多くの場所で、何回も起こってきた。
上手くいけば、なにもおこらないかもしれない。
物事はよくも悪くも、変わっていく。






こいつは、フランス革命というものだな。





あなたが何者か知らないが、この漫画を読んどきなさい。
「アクメツ」。





日本は職業支援や、中小企業をサポートする必要が有るな。





確かに、我々の社会的なセーフティネットはかなり薄いからな。





あなたは飢えて、動作しなくなるだろう。





私はニートになりたいよ。人生はまじでハードモード。





あなたが魅力的な女性なら、ポルノ業界はいい選択だ。
しかしあなたが男性なら本当に難しい。厳しい競争の役割を担うことになる。





厳しい競争だと・・・
オッケー。私はそのおかしな事を受け入れよう。





男性ポルノ俳優であることは、大変な仕事だぞ。





人口の半分は、結婚とお金の業界に飛び込んでいる。





ニートは,2次元世界を好むからな。





君は2次元を好む、私はリアルライフでいいよ・・・。
  
  
 
ecdb541c[1]

海外ではこういう話になると、「ここでは」「ここでは」という、自分の国のことや、世界全体の経済の話になりますね。

日本だと、ニートに「2次元文化」が好きという特別な印象がついて生まれていますが、世界では日本のニートもただのニートと認識されていますね。

イタリアなど「若年失業率が40%を超える」ということであり、ヨーロッパのほうが、日本よりも社会の不安定な状態が先行しているといった感じのようです。

 まあ今の時代、ネットが発達して、都会でも田舎でも趣味に困らないという社会になったため、日本のニートは気楽だという印象はあるようですね。